スマホを修理することについて

これで安心!スマホの修理はここにおまかせ

やはりバッテリー関係が多い

まずは、スマホの故障で多い症状を確認していきましょう。

一番言われるのが、やはり電池関係のトラブルです。
しかし一言で電池関係と言っても、どんなことなのでしょうか。

具体的な例を挙げていくと、電池の消耗の激しさですね。
朝家を出る前にフル充電してから出かけたのに、帰宅したころには残りわずかになっていたというケースはよく聞かれます。
また、いざ充電してみても長時間かかってしまうというのも立派な症状です。
その充電中の様子を見てみると、バッテリー部分が異常に熱くなっているのも危険で、最悪バッテリーがパンパンにふくらんでいくという症状も出てきます。

その他だと、使用中にいきなりシャットダウンしてしまうのも、故障の前触れですので要注意です。

壊れる原因は?

では、そもそもなぜ壊れていくのでしょうか。

それは、バッテリーの劣化が考えられます。

スマホのバッテリーは非常に小型に作られていますが、スマホがいろんな操作が出来るように容量自体はかなりの大きさになっています。
その反動で、劣化もしやすく一旦劣化が始まるとどんどん進んでいきます。

また、劣化がしやすくなってしまうのにも理由があります。
一日中とかとにかくしょっちゅうスマホを使っていたり、一日に何度も頻繁に充電していると、それだけバッテリーに負担がかかり結局劣化が進みます。

少しでも劣化を進めないためにも、スマホの使用をほどほどにしたり、充電は一日一回だけにするなどの対策をご自身で実践してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る